それでもハリルジャパンが見たかった

WCCFで通算プレイ額10万円に届いてるかどうかという程度の身でも、突然の解任から2晩経っても、本大会まで2ヶ月しかないという時期になぜ?という疑問は消えず。

そもそも、アギーレが来日前に八百長に関与したかもと訴追の可能性が出てきて解任になり、ザッケローニ時代の反省を活かすことのできる策士としてハリルホジッチが選ばれたわけで。ワールドカップ本大会に出るのは最低条件、本戦で何をしてくれるかが1番の論点であってほしかった。
たしかに最近の親善試合は結果も雰囲気も明るくなくて、期待を持ちづらいのはわかるし、正直私も、今回のひたすら前のめりな日本代表に対する期待値は低かった。それでも、やっぱりワールドカップ本戦を託すと決めた以上は、内容がどうであったとしても日程を消化してもらった上で反省なり罵倒なりすればよかったんじゃないだろうか。

そして、みんな忘れたのかな?
2010年の岡ちゃん2期だって、直前の内容がさっぱりで、本人から進退伺も出たらしいけど、そこを踏みとどまらせたからこその全国的な手のひら大回転が起きたことを。今さら監督を替えるよりは可能性あったと思うよ。

それと、監督解任の理由になった選手との信頼関係の低下、それが1番顕著だったのが本田さんだったという論調には首をかしげざるを得ない。
たしかに試合後のインタビューでいろいろ不満を言う選手もいるけど、それがほんとに監督への批判だったのかは検証の余地あり。
個人的に、本田さんは真っ先に監督に話しかけて、チームとして、個人として、どう動いてほしいか語り倒して、言うほど険悪な関係じゃなかった気がするんだよなー…じゃなかったら、もっと早くACミランを追い出されてたかもしれない。さらに想像を続けると、実はハリルも本田さんと岡崎がいないと始まらないのは解ってた、でも本戦中の怪我とか、警告累積とかで出れなくなる事態もありえる、だからあえて2人をベンチに置いたり置かなかったりして、他国諜報員ともプロレスしながら、他の選手がどう動くか試したかったんじゃないかな?井手口や乾が安定して先発機会を持って名が売れた一方で、浅野や南野といったリオ五輪組があまり定着しなかったのは寂しく映ったものの。

後任の西野監督を紹介するときに、かのマイアミの奇跡の当時のと言われても、20代以下にはさっぱりだし、せめてガンバで国内三冠とか、アジアチャンピオンズリーグ制覇とか、近年の実績を紹介してくれ。あれじゃロートル引きずり出してきた印象を与えかねん。

有識者の受け売りも多分に含みつつ、言いたいこと言えてすっきりした。ハリル氏、近々また日本に来るらしいんで、そのときどんな話をするか非常に興味あります。

究極奥義「パイスタンプ」

2週間前に
hamannex.hatenablog.jp
予告した通り、本日はななみんこと松本菜奈実さんのイベント参戦。あっという間に終わった感の強いイベントでしたが、同行されてた広報さんが盛り上げ上手なおかげで、消化不良になることもなく時間が経過。バレンタインデーに引っかけて、ななみんからの棒チョコ餌付けサービスもあり、動物園の餌付け体験コーナーにも似た気分も堪能できました。


サインをひと通り書き終えると、すぐに写真撮影の時間。

f:id:hamannex:20180211235330j:plain

写真は全編水着というサービスぶりでしたが、私服もかっこよかったです。

f:id:hamannex:20180211235954j:plain
ところどころ見せたこのポーズは、サッカー好きらしいし、地元クラブ出身の“ジャガー”浅野へのリスペクトなの?今度会ったら聞いてみよう。

さて、タイトルに書いたパイスタンプとは何ぞやというと、(東阪以外の)地方イベント限定で、このおっぱいを頭上に乗せてくれるポーズのこと。たぶん、みんな幼少期に経験あるでしょう、お父さんのぞうさんを自分の頭に乗せて髷姿に似せる遊び。ああいうことです。この破壊力をどう伝えたらいいのやら… シャインスパークかサテライトキャノンか、はたまたハンマーヘルアンドヘブンか…


締めのあいさつで、デビュー時点から目標にしていたDMMアウォード新人賞候補に選ばれたことが改めて本人から言及され、善戦してほしいなと願うばかり。

f:id:hamannex:20180212004234j:plain
実はパワプロで自分史上初のミートSを付けた女優だったりしますが、2018買ったらパワーと肩は強化しないと。

そして、2018年になってから早くも2回目のイベント。今年はあとどれくらい行けるかな…?

WCCF新シーズン開幕

パワプロ周りの話が多い中で、(野球が活況でない時期に)ひっそりと?こなしてるWCCF。先日シリーズ最新作17-18に更新されたのを受けて、うちもAimeごとリニューアル。15周年を迎えて、大きく変えるにはちょうどいい時期だし。

しかし15年は長い。たぶん、アーケードゲーム全般で見ても、シリーズが更新され続けてる意味での「現役タイトル」部門で、鉄拳やビートマニアIIDXに続く長さだよね。もしかしたら間に麻雀格闘倶楽部がはさまるかもしれないけど。

そして、リニューアルしたAimeで最初に登録したチームがこれ。

f:id:hamannex:20180130004953p:plain
ACミラン全白です。前回=16-17からヤングスターが白同等の扱いになったので、白でPKセーブ持ちのディエゴ・ロペスと迷ってドンナルンマをチョイス。
使用感blogを回っていたら、ロペスが言うほどPK止めてくれないという話を聞いた経緯もありましたが。
千奈美に、良好以上に絞った連携線を表示すると、
f:id:hamannex:20180130005722p:plain
黄金連携が3ペア、悪くない。あと、せっかく白くなったトーレス師匠は、できれば自分で引きたい。

あと、全国大会決勝の中継で、監督が頻繁にキープレイヤーを変えていくのを見て、さほど重視してなかったKP変更を意識するようにして、今季は蹴ってます。守備KPが空欄なのも、ザンブロッタ組織守備重視、メシェのカバーリング重視、ダルミアンのリトリートを使い分けたいから。
補助KPも同様で、フォアザチームはボナベントゥーラを優先指名してますが、アンブロジーニやボネーラも使えるので、出場状況次第であてていくようになります。守勢時にはレグロッターリエラインコントロールや、ドンナルンマのシュートセービングを使うことになりますが、ラインコントロールを経由してシュートセービングを使おうとすると、試合展開に追いつけずに失点した試合もあるので見切りも大事といったところ。そしてマンマークも有効という話がtwitterに流れてたので、デ・シリオを15-16版に交換して検証しようと思います。
攻撃系KPは、ほぼ本田さんのボールキープで固定。そもそも、名門クラブで背番号10を着けるだけの期待に応えきれなかった本田さんを、せめてゲームの中だけででも輝かせたいと思ったのが、ミラン全白を組む動機でしたし。一応、相手の守備が固かったときのオプションとして、ラインブレイクシャドーストライクも待機させてます。

さすがに全白では公式大会に出れないので

いずれはU-5も作らなきゃと思いつつ手が出ない。日本人が所属した歴史を内包して、かつカードが16人以上揃うところ…
候補としては

  1. 香川が中心になるドルトムント
  2. 岡崎とヴァーディで前線をかき回すレスター
  3. 中田ヒデを中心にパルマフィオレンティーナ(どっちでもアドリアーノも使えるから助かる)
  4. 清武を入れたセビージャ

あたりかな?

#なごみんマジ天使

f:id:hamannex:20170411184019j:plain
パワプロで先発三本柱の一角に据えてるなごみんがサイン会で来仙と聞いて行ってきました。

実は、イベントを迎えるにあたって、かなりどきどきしてて、虫の知らせともつかない腹痛が睡眠に支障をきたすレベルで起きてまして、ああ、こういう心境がガチ恋かと感じたくらい。実際会ってもどきどきは収まる気配なし。

f:id:hamannex:20180129001314j:plain
こんな美少女を目の前にして何も心理反応が起きない人とは仲よくなれないと断言できる。

閑話休題

イベントはいつも通り、サインを書いてもらって、私服で写真撮って、肌露出を上げた衣装(今回は水着)で写真撮って、そして今回は(もちろん相応にDVD買う必要はありましたが)水着姿のままメッセージ動画も撮れるという内容。遠征してきた人を含めてもさほど多くない参加者数だったので、サイン中はのんびりのんびり進行していきました。
(そういえば自分の回は会場の広さしか話してなかったような)
今回は、ソフト・オン・デマンドで2017年秋から販売が始まった、素人参加特化型レーベル「エントリー」のPR大使としてのイベントということで、なごみん本人からレーベルに関する告知もあり、着替え休憩中にSODの担当者さんからも全社的な宣伝があったりしました。
個人的にツボだったのは、なごみんの着替え休憩中に、会場に置いてあった店舗謹製(ほぼ)等身大パネルで撮影会が行われていたこと。本人に対しては禁止されている意図的なタッチも、写真に対してならセーフということで、ARかな?と言いながら撮られてました。

休憩をはさんで着替えてきた水着は、ホットピンク地に細かい水玉がかわいらしい、萌え殺傷力のかなり高い出立。思わず叫んだよね、動物の耳がほしいと(爆)
結局、店舗の性交グッズ売場にも置いてないという回答ゆえ、猫みたいな手で撮らせてもらう方向に転換しましたが、なんならけも耳セット寄贈しようかと魔が差したレベル。ドン・キホーテアニメイトだったら、どっちが売ってる確立高いだろうね?

イベントの締めのあいさつで、なごみんは自身の芸名に引っかけて、なごみましたか?と問いかけてきましたが、「和む」という言葉のキャパは軽々と超えた感情、さながら「とろけた」と言うのが1番適切なんじゃないかと思える気分でした。帰路中もどきどきが続いてたし、なんならこの文章書いてるときもどきどき復活したくらいで。
再来週、店舗は別になるけど、なごみんと同じマインズ所属のななみんこと、松本菜奈実さんが仙台でイベント決定。しばらくいい意味で心が落ち着きそうにありません(爆)

AVベストナイン2017

明けましておめでとうございます。
今年も気の向くまま性欲の向くまま(?)、あれこれ書いていこうと思います。

新年一発目のネタは、年末に中居さんがいろいろやってたベストナインのAV女優版。想像の手助けとして、パワプロぽく書いてます。
ご本人の写真とか、言及してる作品のリンクとかは出せないので、気になったら各自ググってください。
また、実際の野球規則で、塁上での意図的な接触プレイが数年前から禁止されたので、そこに関わる、ブロック○、体当たり、ゲッツー崩しの記載は保留してます。

先発投手:橋本ありな

右投右打
最速142km/h、制球85、体力76 スライダー5、チェンジアップ2
怪我しにくさE、伸びA調子安定勝ち運人気者

救援投手:桐嶋りの

右投右打
最速146km/h、制球76、体力47 Hスライダー4、カーブ2
回復C、緩急○チームプレイ○

捕手:椎名そら

右投左打
弾道2、ミート55、パワー74、足40、肩77、守備65、捕球60
チャンスAキャッチャーB、送球C、広角打法バント○チームプレイ○

一塁手春菜はな

右投右打
弾道4、ミート55、パワー83、足30、肩43、守備50、捕球50
怪我しにくさC、パワーヒッター初球○慎重盗塁

二塁手宮崎あや

右投右打、サブ一塁
弾道2、ミート60、パワー58、足40、肩50、守備70、捕球60
調子安定初球○バント○チャンスメーカーチームプレイ○

三塁手澁谷果歩

右投右打、サブ二塁
弾道4、ミート59、パワー90、足30、肩70、守備65、捕球70
チャンスB怪我しにくさAパワーヒッター固め打ち積極打法強振多用慎重盗塁チームプレイ○

遊撃手:きみと歩実

右投右打、サブ二塁
弾道2、ミート67、パワー56、足50、肩60、守備65、捕球60
走塁C、送球C、調子安定初球○流し打ちヘッドスライディング積極走塁チームプレイ○

外野手
  • 松本菜奈実 右投右打
    弾道3、ミート90、パワー73、足30、肩60、守備45、捕球55
    怪我しにくさB調子安定アベレージヒッター流し打ち初球○慎重盗塁
  • 丸山れおな 右投右打、サブ遊撃
    弾道3、ミート68、パワー60、足45、肩70、守備50、捕球50
    左投手C、調子安定レーザービーム積極打法
  • 桜空もも 右投右打
    弾道3、ミート80、パワー74、足40、肩70、守備50、捕球50
    送球B調子安定アベレージヒッター広角打法初球○積極打法
指名打者三苫うみ

右投右打、三塁
弾道3、ミート55、パワー70、足35、肩65、守備45、捕球55
プルヒッター初球○慎重盗塁

ちなみに、2016で実際に作ったわけではなく、2018でこの通りに作る予定もないのであしからず。

ゲームバー行ってみた。

ゲームバー。

簡単に言うと、漫画喫茶のゲーム版。
テーブルゲームビデオゲームも新旧いろいろなゲームが置いてあって、時間と予算が許す限り、好きなだけ滞在できる場所。
在仙の、いわゆるコンカフェで黒ひげ危機一発とかマリオカートくらいならできるというとこもありますが、本気でゲームをする場とはなかなか言えないので、好奇心を膨らませて、試しに行ってみました。

1軒目 仙台市役所裏手、KONGさん

たぶん仙台でゲームバーをうたった第1号。PCエンジンドリームキャストXbox以外は主要据置機みんな揃ってます。コンビニと同等のスペースで、設置モニターは10台くらい。ソフトやメモリー持参可、大会企画相談可ということなので、ゲーム大好きな家でわーわー言いながら触ってる雰囲気。

2軒目 DATE FMそば、Syldraさん

こっちはKONGさんより店舗面積広めというのもあってか、漫画喫茶的な雰囲気で、ソフトドリンク飲み放題な上にカレー食べ放題(実話)。触れる機種は、ミニスーファミN64WiiGCソフトにも対応)、WiiU、switch、PS2PS4、そしてPCのオンラインゲームにも対応した上で、アナログのテーブルゲームも多数置いてありました。この記事を載せた時点ではまだプレオープン期間中で、スマブラ、いか、ストVとプレイ人口が多めのタイトルを中心に展示されてました。通好みなタイトルはこれから補充されていくでしょう。

DOA5とか、ビーチスパイカーズとか、天下一剣客伝とか(爆)


まずは両方行ってみるといいです。本体が動かなくなったり、必要なピースを紛失したりで自宅で眠ってるゲームたちとの、思わぬ再会もありえる場ですから。

「1.5」の衝撃

先にキーワードを編集した上でこっちに。

恵比寿★マスカッツから恵比寿マスカッツ1.5
名前だけ聞いたら後退したようにも聞こえる新しいグループ名。初代以上に輝いてほしいから星印をつけたはず。甘えん坊大喜利とかピンポン三姉妹とか、二代目なりにおもしろい企画もあったけどなーとか思いながら、DMMでの復習記事を見てました。
一方で、人気ありそうなメンバーからいなくなってるなと、キーワードを見てふと感じたり。
二代目メンバーを、アダルト班に絞ってまとめると、

この他に、スーブー、三田夫人、夏目、藤原、最近埋もれた感も否めないカッパさんや黒沢さんなどが二代目マスカッツ。1期の時点で、いおさん、まりりん、旬果さん、あいちんといった非エスワン勢を組み込むことで、アダルトビデオファンへの訴求は充分達成されたでしょう。とはいえ、あいちんは11月のジャパンアダルトエクスポで引退宣言して、実は期間限定だったことが推測できたり、プレステージ勢がさっぱり定着しなかったりと、フックが機能しきれなかったようにも見えます。
みひろさんの電撃加入も、途中で抜けたことを悔いてやり直したい気持ちは受け止めるとして、同時に今活躍してる面々からも拾い上げてほしかった。SOD、MAX-Aあたりなら、うまくはまる人材いそうだけどね。